本を買う喜び

本は買わずに借りましょう。借りた方が「早く読まなきゃ」と思って、積ん読しなくなるから。

なんでも昔のありがたい方のお言葉らしいです。

 

 

 

でも私は、本を買いたいんです! たとえ積ん読したとしても!

 

借りた本って、よそよそしくないですか? 手に馴染まないというか。せっかく「これは!」と思ったページがあっても、折れないし、線も引けないし。「いつか自分のもとを去ってしまうんだろうな」と思うと、なんか内容も心に迫って来ないんですよね。

でも、同じ本を自分で買うとぐーっと距離が近づくんです。「こんにちは! あなたのためだけの本です!」なんて挨拶してきそう。

 

あと、本との出会いって、ほんと僥倖じゃないですか。これは!と思ったら即買わないと、もう二度と出会えないと思うんです。傍においておきたいんですよ、そんな本を。

 

ということで、私は本を買い続けます。

今日は、それだけです。